So-net無料ブログ作成
【蔵からのおしらせ】  今日はポカポカ陽気♪久しぶりにロッキーと ゆっくりお散歩しました。  ('16.03.17)   

ロッキー [管理人のおしゃべり]

前回の記事のコメント欄には書いたのですが、8月初旬にロッキーは痙攣発作を起こしてしまいました。
私がウォーキングに行っている間のことで、どの位 発作が続いたのかは不明です。
戻ってきた時には、四肢が突っ張って細かく震えていました。
すぐに落ち着いてはきたのですが、発作後 すぐに立ち上がることが出来ず、ヨダレを垂らし 前足を掻くだけでした。
とにもかくにも病院に連れて行かなければ…と思い、声をかけて2階に着替えに行きました。
急いで戻ってみたら、あれロッキーが元の場所に居ません。
「?」
捜してみたら、立ち上がって台所の方に行っていました。
でも今度は、グルグルぐるぐる円を描くように歩き回っています。
最初の発作後は、寝たきりになってしまうのか?と思いましたが、今度は もしや認知症か?
頭の中をイロイロ駆け巡ります。
とにかく病院!と、連れて行き検査をして頂きました。
すると内臓疾患(癌や肝臓病・腎臓病)は ほぼ無く、もしかしたら脳に何らかの問題が起きたかもしれないとの事でした。
でもロッキーは、「超」のつく高齢犬(17歳)です。
脳を調べる為には、MRIのある大きな病院に連れて行き、全身麻酔で検査しなければなりません。
それは、検査の途中で命を落とすかもしれないというリスクがあるのです。
そこで とりあえず様子を見て、発作が繰り返す・発作後の回復が遅くなっていく・認知症等の症状が酷くなる・食欲がなくなる等の悪化傾向の症状が出てきた場合に、MRIで調べましょう、という事になりました。

そうして、3週間近く…おーい、ずり落ちとるぞー
おかげでさまで、ちょこっと発作の前兆みたいなものは2度程ありましたが、この前みたいな痙攣発作は起きず、認知症のような様子も無くなり、ゴハンも しっかり食べております。
たまーに、部屋の真ん中でボーっとしたりはしているのですが、とりあえずは大丈夫かな
まぁ、私は遠出はせず、買い物もチャチャっと済ませるように なりました。

そして…ロッキーとの別れは、もうそんなに遠い先の話ではないのかもしれないなーと、ちょっとだけ覚悟しています。
もう少しだけ、穏やかに マッタリと過ごさせてあげたいと思っています。
2017-08-30T11:23:07.JPG

nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:moblog