So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
【蔵からのおしらせ】  今日はポカポカ陽気♪久しぶりにロッキーと ゆっくりお散歩しました。  ('16.03.17)   

蔵の中 -新刊本- №133 [本・マンガ]

《新刊本が入りましたよ》

-週刊ジャンプ ’08.20号-
【BLEACH】                                                                                                                                                                今回も110年前の瀞霊廷の話。十二番隊隊長に就任した浦原喜助は、副隊長のひよ里を伴い「蛆虫の巣」に向かう。「蛆虫の巣」とは、瀞霊廷の定めた規定で「危険因子である」と判断された者達で、罪を犯した訳ではないので裁くことは出来ないが、しかし野放しにしておくと危険かもしれない。そういった者達をここに閉じ込めているのだと言う。そして…ここの檻理隊の部隊長に求められるのは、彼ら全員を素手で制圧できることなのだと言う。その部隊長を勤めていたのが、浦原喜助なのだ。その浦原が何故ここへやってきたのか?それは、この中で唯一檻の中に入れられている「危険分子」…涅マユリに会うためだった。え~、マユリさんって、アブナイ人だとは思ってたけど…隔離までされてたんだ~。                                                                                                                                                     【NARUTO】                                                                                                                                                            目覚めたサスケに「うちはイタチの真実を知る者だ」と話し始めたトビこと「うちはマダラ」。彼の写輪眼を目にした途端、サスケの目から『天照』が…。なぜ?すると「お前を守るためだ」という意外な言葉をマダラは口にする。信じられない思いのサスケ。だが、マダラは兄イタチの生き様を聞けと言う。                                                                                                                   【ONE PIECE】                                                                                                                                                                トビウオライダースに勝って意気揚々の面々。助けてもらったお礼にと はっちんとケイミーは、たこ焼きを皆に振る舞う。そこへやってきたのは、見違えるような顔になったデュバル。ハンサム顔にしてもらって、ご機嫌というか…はっきり言って自己陶酔!何かあったら連絡をくれと電伝虫の番号を置いて去ってゆく。そんなこんなで ゆったりシャボンディ諸島に向かった一行。そこで船をコーティングしてもらえば、海底に潜れるのだという。ようやく着いたシャボンディ諸島は、不思議なシャボン玉が無数に飛んでいる不思議な島だった。しかし、船をコーティングする職人に会いにいくために町中に行く前に はっちんから「世界貴族」にたてつかないように約束しろと言われてしまう。一体「世界貴族」って何者?                                                                                                                                   【D.Gray-manは、今回はお休み。

-月刊 少年ガンガン’08.5月号-                                                                                                                                              【鋼の錬金術師】                                                                                                                                         ようやく復活のエド。だが軍に見つかって、あれやこれやの脱出劇。通りがかりの恋人達の車奪っちゃって…あらら、しかも錬成して違う車に変えちゃったよ。おい、おい!とにもかくにもアル達と合流しないとと焦るが…。一方のアルは、10年振りに会った父親ホーエンハイムから父の魂と賢者の石が融合した経緯を聞く。にわかには信じられない話だが、自身が鎧の中に魂を定着させられているので 信じられる話だという。そして 何とか逆転の錬成陣で、ブラッドレイ達の企みを阻止あうると言うが、ホーエンハイムは まだその時ではないと言う。またリンの身体で復活したグリードは、自分の中の記憶に押しつぶされそうになっていた。そしてリンもまた消滅した訳ではなかった。内部から揺さぶりをかけるリン。苛立つグリードは、ブラッドレイを襲うが 返り討ちに合い 逃げ出す。そして、たどり着いた先にいたのはエド!そして グリードの意識は隠れ、表層に現れたのは何とリン!                                                                                                        【精霊の守り人】                                                                                                                                                                  石板に書かれたことを不眠不休で読み進めていたシュガは、倒れこむ様に眠り2日間も目覚めなかった。ようやく目覚めたシュガは、大事な事を聖導師に伝えていないことに愕然とする。狩人達に何としても伝えねば…そう思った時、狩人の1人が聖導師に言われ 傍に残ったことを知る。そこで彼に他の狩人達へ伝言を頼む。そんな事とは知らない狩人達は、チャグム一行を青池で待ち伏せしていた。逃げる術がないことを知った呪術師のトロガイは、チャグムに人質になってもらうことにする。チャグムに呪術をかけたと狩人達に宣言し、聖導師のもとへ連れて行けと要求する。狩人達にとっても、皇子を聖導師のもとへ無傷で連れて行くのが役目なので、しょうことなしに承知する。だが…そんな一行を『卵喰い(ラルンガ)』が襲う。木の上に逃れるチャグム。バルサは傷ついたタンガのもとへ行き、チャグムは1人に…。ラルンガの爪が迫り、チャグム絶対絶命!?

◇耳をすませば -柊あおい・著-◇

これは新刊じゃないのですが、コンビニで見つけた本。あの宮崎アニメになった「耳をすませば」の原作マンガなのですが、今回はそれに番外編がついていたので買いました。短編ですが、主人公雫が1枚の綺麗な羽を拾ったことから また夢の世界の話が広がります。今回は、猫の図書館が出てきて そこでバロンに再会します。

耳をすませば

耳をすませば

  • 作者: 柊 あおい
  • 出版社/メーカー: フェアベル
  • 発売日: 2007/08/16
  • メディア: コミック

 

◇tactics 10 -木下さくら×東山和子・著-◇

源頼光により捕らえられた春華こと鬼喰い天狗と勘太郎。頼光は、春華の前の主人:藤姫を蘇らせ 酒顚童子をこの世に復活させようと目論んでいた。藤姫は、自分が名づけた鬼喰い天狗:臨(春華)に固執するあまり、自分以外の者が臨の主人になり他の名で呼ぶことが許せない。それゆえ勘太郎のことを憎み、臨の名を取り返そうとする。勘太郎は、春華に望まないことをさせないため藤姫と戦い、春華は勘太郎を守るため酒顚と戦う。

tactics 10 (10) (BLADE COMICS)

tactics 10 (10) (BLADE COMICS)

  • 作者: 木下 さくら
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2008/03/28
  • メディア: コミック

 

◇ねこタン画像◇

偶然手に取った本なんですけど、もうにゃんこの画像に笑わせてもらい、そしていっぱい癒されました~♪めっちゃ可愛いです。ありゃ、本の画像がないや。残念。

◇クリセニアン夢語り 1~3巻 -ひかわ玲子・著-◇

【第1巻 エル・デオの眠れる王に】                                                                                                                             聖獣節の祭りで華やぐエルミネール王国の王都エルシアでは、隣国との間に心配事を抱えていたが その祭りに合わせ、隣国の王妃が皇太子と皇女を連れてやって来る。そんな中、13歳のエルミネールの世継ぎの王子フェザラードは宴で吟遊詩人の歌う美しく不思議な物語に聞き入る。それは、囚われの姫君と封印された地底の国゛エル・デオ゜の皇子との不思議な物語で…。一方、その歌と重なるように 隣国リンバーグ皇国皇后ラリッサから贈られた花スターノリアの香りを嗅いだ途端、倒れ眠りについてしまったエルミネール王国の王フェラベリート。魔法による眠りらしいが、魔道師たちにも解くことができない。一体、王の身に何が起こったのか?                                                                                                              【第2巻 眠れる神々の道へ】                                                                                                                                             吟遊詩人の呪歌と共に深い眠りに囚われた父王。その呪いを解くため、アンジュと共に王国を抜け出したフェザラード王子。アンジュは、フェザラードが生まれた時 なぜか同じベッドの中にいたと言われる、黒髪に翠緑の瞳を持つ天使のように美しい少年で 今まで言葉を話すことがなかったが…。隣国バハウ帝国に着いた二人は、呪歌に出てきた国が西クリセニアンに実在することを知り、悩みながらも旅を続けることにする。すると乗り込んだ船上で、またもや吟遊詩人が現れ 新たな物語りを爪弾く。それは二人に対する謎かけのようで、フェザン(フェザラード王子)達はその歌に導かれるように《神々の眠れる道》の先、未知なる西クリセニアンへと向かう。                                                                                                                           【第3巻 西方の夢に棲む姫君】                                                                                                                                        《眠れる神々の道》を通り、西クリセニアンへとたどり着いたフェザンとアンジュ。二人はそこでラジャール騎士団の一行と合流し、ニウマ皇国の首都フォレ・ニウマを目指す。旅の間に何度も繰り返される吟遊詩人の歌。まるで道標のようにフェザンの行く先々で歌の歌詞と重なる出来事が起こり、次第に歌の主人公エル・デオの皇子と囚われの姫君が現実味を増してゆく。またフェザンが見た、夢の中のエル・デオに出てきた眠る美しい少女と瓜二つの少年イライアスと知り合う。

エル・デオの眠れる王に (小学館ルルル文庫 ひ 1-1 クリセニアン夢語り 1)

エル・デオの眠れる王に (小学館ルルル文庫 ひ 1-1 クリセニアン夢語り 1)

  • 作者: ひかわ 玲子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 文庫

眠れる神々の道へ (小学館ルルル文庫 ひ 1-2 クリセニアン夢語り 2)

眠れる神々の道へ (小学館ルルル文庫 ひ 1-2 クリセニアン夢語り 2)

  • 作者: ひかわ 玲子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫
西方の夢に棲む姫君 (小学館ルルル文庫 ひ 1-3 クリセニアン夢語り 3)

西方の夢に棲む姫君 (小学館ルルル文庫 ひ 1-3 クリセニアン夢語り 3)

  • 作者: ひかわ 玲子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 文庫

 

◇追憶の詩 魂葬屋奇談 -九条菜月・著-◇

通り魔が頻発する地区で、深波は使い魔を連れた男女に出くわし、とっさに「お前達、魂葬屋なのか?」と問うが 答えはなく、話を聞いた時雨から 死にたくなければその場所に近づくなと警告されてしまう。まともに受け取らなかった深波だったが、翌日そこで異形のモノに襲われ、絶体絶命のピンチに!これが通り魔の正体なのか?そして謎の二人組の正体とは?

今回は、ここまでです。

【おまけ写真】

P1000630.JPG

雨の日も元気なラナンキュラスでした♪

それではまた、ごひいきに~♪


タグ:本 マンガ
nice!(12)  コメント(21) 
共通テーマ:blog

nice! 12

コメント 21

エリカ

珍しく1番♪

水滴のついたお花もいいですよねー[ハート]
by エリカ (2008-04-15 06:44) 

いちご☆

そういや~~ 息子が コンビニに行ってたわ~~
by いちご☆ (2008-04-15 08:07) 

アートフル ドジャー

 此方は今日は良い陽気のポカポカした日になりました。
by アートフル ドジャー (2008-04-15 08:56) 

たいへー

私も昨日休みだったので、
「耳をすまして」みましたが、
何も聞こえてはきませんでした。
心が汚れているのでしょうか・・・(汗
by たいへー (2008-04-15 12:39) 

kuu

熊ねえさんはお忙しいのに毎週たくさんの本も読んでますね[ビックリ]
by kuu (2008-04-15 13:49) 

みーはー熊

☆エリカさん
[コンニチハ]
お~、一番♪
雨上がりに水滴のついた花を見ると 何だか輝いて見えます。
by みーはー熊 (2008-04-15 13:53) 

みーはー熊

☆いちご☆さん
[コンニチハ]
お?お兄ちゃん 何買ってきたのかな?
by みーはー熊 (2008-04-15 13:54) 

みーはー熊

☆アートフル ドジャーさん
[コンニチハ]
みちのくも5月くらいの陽気になりました。
いっぱいお洗濯した後、急いで桜の写真撮りに行ってきました。
by みーはー熊 (2008-04-15 13:57) 

みーはー熊

☆ab-ovoさん
[コンニチハ]
ご訪問&nice ! ありがとうございました。
by みーはー熊 (2008-04-15 13:58) 

みーはー熊

☆たいへーさん
[コンニチハ]
ん~、内なる声に耳を傾けましょう。
お嬢ちゃんの絵から察するに 心は汚れてないと思いますが…^^;
by みーはー熊 (2008-04-15 14:01) 

みーはー熊

☆ゆいみさん
[コンニチハ]
ご訪問&nice ! ありがとうございました。
by みーはー熊 (2008-04-15 14:02) 

みーはー熊

☆kuuさん
[コンニチハ]
娘が帰ってくるとPCは占拠されちゃうので、自然と本を読んだりDVDを見たり…となります。
今回は、たまたま先週書けなかった分も書いてたので、かなりいっぱいな印象になっちゃいましたけどね^^
by みーはー熊 (2008-04-15 14:04) 

マリンかもめ

耳をすませば・・・ラジオの音が!
by マリンかもめ (2008-04-15 19:10) 

ラミーキッズ

最近全然本を読んでないっす。(^◇^;)
けど、妻の心は読みました。(爆)
by ラミーキッズ (2008-04-15 19:47) 

ぜろこ

[コバワ]
ラナンキュラスの色、綺麗ですね~♪
黄色が浮き出て見えますね[ニコッ]

ねーさん、忙しくても毎日ブログ更新凄いです。
私も出来るだけ頑張ろっと。
毎日とは言わないの。
出来るだけ・・・っていうところがミソ[アハハ]
by ぜろこ (2008-04-15 22:30) 

みーはー熊

☆マリンかもめさん
[オハヨ]
お~、ラジオ。何がかかってたのかな?
by みーはー熊 (2008-04-16 09:05) 

みーはー熊

☆ラミーキッズさん
[オハヨ]
お~!愛妻家~♪
奥さん!ラミーさんが心読んでるんですって。いっぱい頼みごと、思い浮かべちゃいましょ~♪(←悪巧み!笑)
by みーはー熊 (2008-04-16 09:07) 

みーはー熊

☆ぴーすけ君さん
[オハヨ]
ご訪問&nice ! ありがとうございました。
by みーはー熊 (2008-04-16 09:08) 

みーはー熊

☆ぜろこさん
[オハヨ]
ラナンキュラスの黄色は、くっきりしてるので 晴れた日も雨の日も綺麗に見えますね。

いやいや、私の場合は もう日課になってるので…。ある程度、暇な時に記事書いて下書きにしてたりするし。本の場合は、大変な時は日にちずらしたりね。だから そんなに大変~って思ったことはないのよ。
ある意味、ブログが私のストレス発散場所なので(笑)
うんうん、無理せず のんびりいきましょ~♪
by みーはー熊 (2008-04-16 09:12) 

みーはー熊

☆猫屋福助(株)さん
[オハヨ]
ご訪問&nice ! ありがとうございました。
by みーはー熊 (2008-04-16 09:13) 

みーはー熊

☆キュー太郎さん
[コンニチハ]
ご訪問&nice ! ありがとうございました。
by みーはー熊 (2008-04-22 11:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。